スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OpenCVでIplImageの画素値にアクセスする方法

最近、画像処理のライブラリであるOpenCVを使ってプログラミングしています。

いろんな関数が用意されていてかなり便利なのでお勧めです。


プログラミングをしていて、IplImageの画素値を表示しようとした時に、

うまく表示されないことがあったのでなんかいい方法がないかと探したところ、


ありました。


cvImageElemという関数を作ってくれている方がいました。

この関数を使えば安全に簡単にIplImageにアクセスできます。

使用方法はyanoの日記さんからcvie.hppをダウンロードして、

インクルードするだけです。


その関数の定義は

cvImageElem(const IplImage* cvImage, int x, int y, int channel)

で、使用するには

r = cvImageElem<IPL_DEPTH_8U>(image, x, y, 0);

cvImageElem<IPL_DEPTH_8U>(image, x, y, 1) = 255;

printf("%f", cvImageElem<IPL_DEPTH_64F>(image, x, y, 0));


みたいな感じで、代入や値の取得ができます。


非常に便利なので、一度使ってみることをお勧めします。


感謝感謝です。
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。